「超激痛」の鵞足炎が改善した中学生Iさんのお母様よりいただいた声

患者さんの声

ご来院時のお悩み

鵞足炎

施術を受けた感想・メッセージ

私の娘、中学2年生バレーボール部に所属しています。4月、練習中右足首(踝)の靭帯を痛め、数週間松葉杖でした。そのとき何故か膝に違和感。その後、右足首は完治。膝の違和感だけ残ったまま普段の生活に戻りました。その頃、中学校内の内科検診があり、娘は膝の違和感を訴え、専門での科を受診する様に通知通知が来ました。6月25日、近くの整形外科で診察。診断は鵞足炎。てっきり成長痛かと思っていた親子はそこからが戦いでした。整形外科では、リハビリ通院を週に1、2回、超音波、温熱治療、筋力トレーニング、ストレッチ。しかし、痛みは強くなるばかり。リハビリの方も消えぬ痛みに、姿勢が悪いから?脚がX脚?・・・でも該当しませんでした。そして、また痛みが変化。膝にクギを打たれている感じ。そのときは膝を押さえワァー、ワァーと叫ぶ様になってしまいました。(※感想用紙2枚目へ)そのことを私の職場の方に相談した所、評判は良いから行ってみたらと・・・違う整形外科へ。診断は同じ鵞足炎。そこでは太ももの筋力がないと筋力トレーニングの指導。取り敢えず、リハビリ通院と筋力トレーニングは自宅で。しかし、痛みは和らぐどころか超激痛へ。私は違う病気なのではと・・・家庭の医学を読んだり、スマホで調べたり、娘の激痛に耐える姿をどうにか楽にしてあげたくて。ある夜、スマホで「鵞足炎が治らない」と調べた所、「FMT整体」が出て来ました。【余談:次の日、ふっと娘の先輩で腰を痛めて何ヵ月も部活動を休んでいた事を思いだし、そのお母さんに電話をして、私の娘の状態を話し、その中で調べたらFMT整体が出て来て、と。なんと偶然にもたどり着いたところが一緒でした。その方から絶対に治るから⤴︎と嬉しい言葉を】翌日、予約となり、その時言われたのが(※感想用紙3枚目へ)ぬるめのお風呂にゆっくりつかる。睡眠を取る。いよいよ8月12日、初施術。最初は痛みの強さもあり好転反応がどのパターンなのか、わかりませんでしたが、そのうちに階段型の反応。施術7回目後から山型の反応。その頃になると金曜日、施術。土・日に好転反応。月曜日には回復、娘の「痛くない」の言葉がすごく嬉しくなって来ました。8回目から部活動も負担の少ない動きから。好転反応はスロープ型に変化。11回目は「完治」。約4ヶ月他の整形外科での寄り道もあり、体育、部活は出来ませんでしたが、FMT整体にたどり着けて良かったです。本当にその日は車で涙、涙。11月5日・6日、新人戦。6日の試合に少し出場。本当にあの痛みを耐えて頑張ったと思います。先生には、本当に感謝しています。痛みをわかってくださりありがとうございました。

長野県 10代 女性(感想はお母様よりいただきました)

FMT整体からのコメント

Iさん、そしていつも付き添いで来られていたIさんのお母さん、その後調子はいかがでしょうか?症状が完治して無事に部活動にも復帰できて本当に良かったです。こんなにも長く、熱い気持ちのこもったお声を書いてくださり嬉しく思います。偶然にも当院の患者さんだったKさんがIさんの部活の先輩だったのには私も驚きました。Iさんも、Iさんのお母さんも、努めて前向きに治すことに取り組んでおられましたが、最後、完治した日の帰りのお車の中では二人で涙を流されていたのですね。何ヶ月も治らず、ずっと不安の中で過ごしてきたので、張り詰めていた緊張の糸が切れたのかもしれませんね。感想の最後、お母様がIさんに向けた「本当にあの痛みを耐えて頑張ったと思います。」という言葉は、辛かったはずなのに弱音を吐かず取り組んだIさんに対してはもちろん、なんとか娘を楽にしてあげたいと見守り続けたお母様と、お二人に対して改めて私から贈らせていただきます。よく頑張られましたね!

タイトルとURLをコピーしました