症例

腱鞘炎の改善事例 60代 女性 自営業

手

腱鞘炎

こんにちは。FMT整体の山田です。
今回は、60代の女性Hさんの腱鞘炎改善までの事例を紹介させていただきます。

症状・診断

Hさんは、ご主人の亡き後も、自営のお仕事を引き継ぎ、忙しく働いておられます。Hさんが来院された当初は、両手の指が曲がりきらずグーができない状態でした。
「ドアノブが回せない」「フタが空けられない」「靴下が履きにくい」など、日常でも支障がたくさんありました。病院では腱鞘炎と診断。

さらに、両膝の痛み、両肩が痛みで上がらない状態で、病院の検査でリウマチとは診断されていませんが、症状が似ているのでリウマチのお薬が処方されていました。なかなか改善しない状況から、心配された娘さんがインターネットで色々調べての来院でした。

治療計画・方針

Hさんの状態を診ていくと、全身の筋肉が強く緊張しており、特に首や肩、肩甲骨まわりの緊張が手首の硬さや指の症状に影響を与えていること分かりました。そのため、まず始めに、全身の筋肉の緊張をとっていくことを主に施術を行いました。また、お話を伺うと、病院でのリハビリは、腕や膝の可動域を大きくする内容でした。筋肉の緊張が強い状態であれば、かえってお体の負担になっている可能性があったので、一旦、通院をお休みして、こちらの治療に専念されるように提案しました。

症状改善までの経過

施術を受けたHさんは、初回から少しずつ変化が出てきました。まず、最初に大きな変化を感じられたのは、施術のあと、帰りの足取りが軽くなったことでした。足の状態はHさん曰く「鉛が足にぶら下がっている感じ」というのが少しマシになったとのこと。

それから、週に1度の施術を続けていくと、腕の上がる範囲が次第に広くなって肩の痛みも軽減されてきました。また5〜6回目あたりには、手の症状も少しずつ指が曲がるようになってきて「雑巾が少し絞れるようになりました」と、指に力が入るようになりました。

このように、Hさんのお体に現れていたそれぞれの症状は、日によって波はあるものの、順調に改善していきました。Hさんも施術を受けるごとに体の変化を感じられたので、「来るのが楽しみです」と話されていました。

そして、施術を始めてから2ヶ月が経った頃には、手の腱鞘炎はグーがしっかりできるほどに改善し、両腕もちゃんと上がり、足は「階段を駆け上がれます!」という状態になりました。現在はメンテナンスも兼ねて1〜2週間に1度通われています。

施術家からのコメント

Hさんの症状が効果的に改善した背景には、こちらのアドバイスも素直に聞いて、今までの習慣を変えられたことも大きな要因だったと思います。中でも、

熱いお湯にサッと浸かる程度だった入浴を熱すぎないお湯に10〜15分ほど浸かるようにされました。
これは、筋肉の緊張をとり、血流を良くして治癒力を高めることにつながり、症状の回復に効果的です。

さらに、夕食を食べ過ぎず、腹八分目くらいに抑えるようにされたそうです。「今までは、夜はしっかり食べて、甘いものが好きなので、あとでおやつなどを食べていました」と言われました。
これを改めた結果、夜の寝つきが良く、次の朝の目覚めが良いのと、体が軽いと話されました。食べ過ぎないことで、体の消化吸収も効率的に済み、寝ている間は体の回復する時間がしっかり保たれるのです。

こうした取り組みが、施術の効果も高めて改善に結びついてきたと思います。

先日の施術の帰り際、
「これ、主人が好きだったお菓子です」と、お墓参りに行かれた際のお土産をいただきました。
お気持ち嬉しかったです。ありがとうございます。

まだ良くなっている症状があるHさん、実は長年あった偏頭痛もほとんど無くなったそうです。
「体がどんどん元気になっている気がします!」と、とてもうれしそうに話されました。

これからも、今より、もっともっと元気な状態を目指しましょう。

この記事を書いた人

山田泰行

山田 泰行

新大阪駅前院担当。2男1女の父。FMT整体で大切にされていたのは「靴を揃える」などの当たり前のルール。そんな環境からか、日に日に良くなり痛みを通じ成長する息子に触発され、公務員から施術家の道へ。現在進行形で学びながら、皆さんの人生のきっかけとなる場を提供していきます。