シーバー病で富山から長野まで来院したKくん親子からいただいた声

患者さんの声

ご来院時のお悩み

シーバー病

施術を受けた感想・メッセージ

中1の息子が中学硬式を始め、1カ月程した時、左踵が痛いと言い、すぐ整形外科に行き、レントゲンを撮り、骨には異常無いので、シップを貼って、成長痛が収まるのを待つように言われました。シップを貼って、インソールを靴に入れて、様子見していましたが、痛みは強くなっている状況で、このままでは良くならないと思い、インターネットでFMT整体を知りました。成長痛とシーバー病の違いが説明されていて、シーバー病になっていると思い、すぐに電話して、富山から長野へ行きました。先生は丁寧に説明していただき、治療方法にも納得が出来、本人も良い感じで始めることが出来ました。最初は、8回の予定でしたが、3回目から4回目にかけて凄く改善したようで、走り込みしても、痛みは感じなくなったようで、5回で終える事が出来ました。本当に、この治療をして、大正解でした。先生、最後まで親切に、ありがとうございました。

富山県 10代 男性

FMT整体からのコメント

Kくん、そしてKくんのお父さん、シーバー病がすっかり良くなって本当によかったですね。富山県から、当時長野市にあったFMT整体まで新幹線やバスを乗り継ぎ、何時間もかけてはるばる来院してくれたKくんとお父さん。簡単には来れない距離だからこそ、1回1回の施術にかける姿勢や普段の取り組みが実を結び、早期回復につながったのだと思います。Kくんは時には学校を早退し、お父さんも合わせて仕事を調整したりして、親御さんがお子さんを思う気持ちには天井がないことを見せていただき、私も頭が下がる思いでした。Kくん、これからも野球をはじめ、思い切りスポーツを楽しんでくださいね。そして、連れてきてくれたお父さんにも感謝の気持ちを伝えてみてね!

タイトルとURLをコピーしました