日々の気づき

Yさんが遅刻してきた素敵すぎる理由

ハリネズミ

その他

こんにちは。FMT整体の山極です。

先日の出来事です。

Yさん(女性)から施術開始時刻の3分前に電話がありました。

「先生、すみません!
たった今大崎に着いたのですが、急いでいくので大丈夫ですか?

もしお次の方に迷惑がかかってしまうようなら、
時間を後回しにしていただくか、キャンセルして別の日にしていただいても……」

と慌てた様子でした。

いつも予定の10分以上前にいらっしゃる方なので、
何か事情があったのだろうと思いました。

後に患者さんが何人かいらっしゃいましたが、
すでに向かっているのであれば大幅な遅刻にはならないと思い、
予定通り来ていただきました。

息を切らしながら「すみません!」と思ったよりもずいぶん早く到着したYさん。
本当に急いで来てくれたことがわかります。

聞くと、電車で隣に座った60〜70歳くらいの外国人の女性から
原宿への行き方を聞かれたそうですが、

何度説明をしても、日本語がわからず全く伝わらなかったため、
山手線の東京方面から来たYさんは、大崎駅を一度通り過ぎ、
原宿駅まで付き添ったそうです。

そしてその女性を見送った後、再び今きた道を元に戻ったために
ギリギリになってしまったということでした。

大崎と原宿は片道で12分かかるので、
乗り直しも含めると30分近くかかかったことがわかります。

「いや〜、私も困っちゃって、どうしようって思ったんですけど、
この様子じゃきっと無理だろうなって思ったので、もう一緒に行くしかない!って思って。」

とYさんは、そんな大したことじゃないかのように
笑いしながらおっしゃっていましたが、なんて素敵な人だろうと思いました。

 

もしも自分が同じ状況になったら?
同じように行動できるだろうか?

自分に余裕があればできるかもしれないけれど。
いや、余裕があってもなかなかできることじゃないなあ・・・

などと、いろいろ考えるきっかけを頂きました。

でも、とっさのときにこそ行動できる自分でありたいと
Yさんから学ばせてもらいました。

この感動をぜひシェアしたかったので、
ブログで書かせていただきました。

この記事を書いた人

山極理奈

山極 理奈

ごく普通の会社員だった私がFMT整体と出会ったきっかけは、長年付き合った足底筋膜炎。お坊さんが始めたという整体が大事にしていた「必ず挨拶をすること」という姿勢に感銘を受けた。同時に、自分の健康を自分で整えられるようになりたい、また、家族や友人の役にも立てるかもしれないという思いから、施術家の道へ。現在、東京大崎院と東京目白院を担当している。