活動日誌

【2月:番外編】山林部はじめます!

山作業

その他

2月、山林部がはじまりました。

もちろんほとんどのメンバーが山作業が初めてなので、
ご指導いただきながら…活動スタートです!

まずは、形から。

今日は白衣を脱いで、
作業服とヘルメットでひとまずポージング。

(…してみましたが、モデルには向いていないかもしれませんね)

FMT整体 愛知小牧本院は、
福厳寺というお寺の向かい側にあります。

日頃お世話になっている土地への感謝をもって作業に入ります。

ケガのないよう、皆で輪になって準備体操もしましたよ。

(山に入る前に、しっかりと説明を聞きます)

今回は、木の生息場所に侵食する竹を中心に切る作業をしていきました。

小さな細い木、
日光が当たらなくて枯れてしまった木、
なんとか光に当たろうとねじれて成長した木、

命あるものを切ってしまうのは、
なんだか申し訳ない気持ちになりますが…

山を500年、1000年と永く残していくために大切な作業のひとつです。

竹や木を切らせてもらうたびに、
手を合わせる気持ちで作業を進めます。

光が入ると、山の表情が変化していきます。

(見上げると、大きな鳥の巣がありました)

まだまだ知らないことが沢山ある。

それは幸せなことなのかもしれません。

(よい汗をたくさんかきました!歩いてFMT整体へ帰ります)

また山林部の活動も、
ブログで報告していきますね。

お楽しみに!

 

この記事を書いた人

柴田 友里絵

柴田 友里絵

バスケットボール部のマネージャーを務めていた高校時代。さまざまな出来事から当たり前だと思っていた治療法への疑問を感じ、FMT整体へ飛び込む。そこで出会った、原因不明の膝の痛みで「もう手術しかない」と宣告された中学生が、手術せずに改善していく光景に衝撃を受け、弟子入りを決断。「痛みで人生を諦める方を一人でも減らしたい」という思いで通算2万人を超す臨床経験を経て、FMT整体の代表に就任。現在はセラピストとして現場に立ちながら、次世代セラピストの育成、命の不思議や心身のつながり・自然から学ぶ健康法などをテーマに、体感型のセミナーを全国各地で行っている。